読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったりおうちでラノベ

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

平日はもちろんのこと休日もあっという間に、

時間が過ぎて休めてな〜いという人はGWこそはまったり休みたいなと思ってる人がいると思います。そこでオススメのラノベを紹介したいと思います。

織田信奈の野望《全国編》

         f:id:alancha0308:20170428190211j:image

現代の日本に暮らす男子高校生・相良良晴はある日突然、戦国時代の濃尾平野に飛ばされてしまう。その世界では今川義元や松平元康、柴田勝家といった戦国武将たちが美少女の姿で存在しており、その上、尾張国の主である織田信長は織田信奈という名前だった。

良晴は、不慮の死を遂げてしまった木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の代わりに信奈の家臣となり、彼女の野望である天下統一の手助けをすることとなる。

戦国という激動の乱世の時代を自分らしく生きる良晴そして美少女たちの物語がいま、ここに幕を開けるのであった。

上に書いた通り、この世界では戦国武将が全員美少女なんです!お気に入りの武将が見つかったり、歴史が学べたらとてもいい作品です。

・横浜ダンジョン

      f:id:alancha0308:20170428202851j:image

この作品は、前世の記憶を持つ主人公の青年がいずれ世界に訪れる危機を防ぐためヒロイン達とダンジョンを舞台に成長していく異世界ファンタジーですね。3巻までしかないので軽く読めてオススメです。(アニメ化はしていません)

世界の終わりの世界録(アンコール)

        f:id:alancha0308:20170428204627j:image

世界を滅亡の危機に追いやった終焉戦争が英勇エルラインと三大姫の4人によって鎮められてから300年。エルラインの遺した「世界録」(アンコール)を求めて世界中の旅団が冒険をする時代。

聖フィオラ旅学園に通う少年・レン=E・マクスウェルは、英勇エルラインの生き写しといわれる容姿をしていた。レンにはエルラインのような人間離れした力はなく、剣の才能も同年代と比べて劣るので、見た目が似ているだけの『偽英勇』という不名誉な呼び名で呼ばれていた。

そんなレンはある日、300年前に戦死したとされていた三大姫の一人、竜姫キリシェに出会う。キリシェはエルラインが遺した世界録は三大姫のために遺されたものだと考え、同じく三大姫の一人であったレンの先輩である大天使フィアと共に世界録を探しに行くという。2人に誘われたレンは実力が足りないことから同行するかどうか悩んでいたが、キリシェから「弱ければ仲間を守るよう強くなれ」と言われ、彼女らを守れるよう強くなることを決心し、旅に同行することを決めた。

道中で三大姫の最後の一人である元魔王エリーゼを仲間に加え、まさに伝説の再来となった旅団は、世界録を求め旅を続ける。アニメ化はしていませんが主人公レンの成長が楽しみになってあっという間に読み進んでいけます。

緋弾のアリア

      f:id:alancha0308:20170429103335j:image

この作品は超〜〜オススメです!凶悪犯罪に対抗するため、武力を行使する探偵「武偵」の存在が当たり前の社会。2009年、武偵を育成する東京武偵高校に通う青年・遠山キンジは、普通の生活を求めていた。しかし、ある日現れたSランク少女武偵である神崎・H・アリアと出会ったことにより、彼女を取り巻く戦いの日々に身を投じていくことになる。キンジのもつ特殊な能力(体質?)がポイント!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

        f:id:alancha0308:20170429104422j:image

この作品も特にオススメする作品の1つです。

 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、女神ヘスティアの所属ファミリアとなり冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。しかし、知り合ったシル・フローヴァに誘われて訪れた酒場「豊饒の女主人」で、他の冒険者に自分の醜態を嘲笑されるのを聞いてしまい、自分は弱いと思い知らされ、強くなりたいと願う。いろいろな神様が出てきて面白くて、何よりこの世界観にとても魅せられます。

 

今回が初の投稿です。こうしたほうがいいと思う点がありましたらご指摘してくださると助かります。